--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち。

2012年02月20日 00:00

皆様、お久しぶりです。

またまた更新出来ずにすいません。。
風邪を引いてないか心配して下さったり、毎日覗いて下さってた方ほんとに申し訳ないです。

ユノには全く関係なく完全に私事ですので、
お時間のない方はそのまま通り過ぎて下さいね。



実は・・・先週の月曜日(2/13朝方)、父親が天国へ旅立ちました。
77歳でした。思ってたより早い旅立ちでした。
早朝、危篤の連絡を貰ってから、あっと言うまで
あと少しの所で死に目には間に合いませんでしたが
妹と一緒に死亡の確認をさせて頂きました。
幸い、最期は苦しむ事もなく眠るように、穏やかな死に顔で
主治医の先生も「優しいお顔ですね」と。

去年の11月に腰の痛みを訴え検査した結果、肺の下の方に腫瘍が見つかりすぐ手術。
既に肺の上部にも影が見えてた物の、去年の年末までは
自分で車の運転をしたり、買い物にも行ったりしてたので
私も妹も何とか回復を信じていました。

所が今年に入ってから、ガンの進行や薬の副作用もあり、徐々に体調が悪くなり
それからは入退院の繰り返しで、元気だった頃の父親とは別人のようにみるみる痩せて
後半の一ヶ月くらいは食事も出来ず弱って行く一方でした。
病気うんぬんより、食べ物や飲み物を何も口に出来ないのを見てる方が辛くてね。
最後は肺炎を併発してしまい、高熱が続いてそれが命取りになってしまいました。
先生もよく診て下さってたので、正直こんなに早く逝くとは思っていませんでした。

父の容態がそんな感じだったので、ツアーも諦めてたんです。
諦めると言うより、何か悪い事をしてるようで気が引けると言うか。
でも二人で復活した姿を見たい!って気持ちも捨てきれなくて・・・。
3月の福井までどう変わるかわからないし、回復を望める状態でもなかったので、
きっとドームも無理だろうと。。。
(正直、ビギからのドーム決定のお知らせもツラかったです。)
そんな状態でしたが、何とか行けそうなガイシに行かせて貰いました。。
父の事が気になりながらも、久しぶりにチングやユノに会って幸せな時間を過ごせました。


話が前後しますが、看病は実家に居る一番下の妹を中心に、姉妹三人で交代でしてました。
実は、先に母親が5年前からパーキンソンを患って、父と妹が面倒を診てくれてたんです。
父は全部自分でしないと気が済まない人だったので、家での世話もデイサービスの準備も
出来る限りの事は頑張ってくれてました。
今思うと、どれだけしんどくて大変だったのか。。

母は、少し話は出来る物の食事以外は起きれない状態なので、
父親が入院中は施設に預かって貰ってたんですね。(今もですが)
父の状態が悪くなりかけた時、妹が母を父に会わせたいと
母を病院に連れてきて対面させてくれました。
お互いわかってない状態ではあったんですが、二人の手を握らせて。
それが二人の最後の対面でしたが、母もきっと喜んでくれただろうと思ってます。

当初の私は、父の苦労の足元にも及ばないですが、母と父の病院通いで本当に大変でした。
私達も仕事があったり、真ん中の妹は子供が小さかったりで、勿論家の事もしながらで
お互い調整しながら病院に通う日々が続きました。
そんなのは子供だったら当たり前の事なので、苦労だとは思ってはいませんが
やっぱり病院のハシゴは疲れるし、言いたくない愚痴も出て来るんですよね。

父は昭和一桁生まれで、小さい頃は食事中にふざけると箸で叩かれたり、
テーブルをひっくり返されたり、頑固おやじ的な部分もありましたが
一方、妹と自転車を連なって琵琶湖まで魚釣りに連れてってくれたり、
当時は国鉄(現JR)に勤務してたので、旅行もよく連れてって貰いました。
孫(娘)が産まれてからは、よく遊んでくれて可愛がってくれました。

そんな父も酒を飲まない分、極度のヘビースモーカーで
誰が何を言おうと決して最後まで煙草をやめる事はなかったです。
床に伏せても隠れて煙草を吸ってたので妹が
「自分で自分の命を縮めてるんやから自業自得やわ」とつぶやくほど。
亡くなった後、父のジャンパーのポケットから吸殻が出てきた時は本気で驚きました。

今まで私的には、隣で煙草を吸われても平気なタイプでしたが
奇しくも旦那も父も煙草で倒れたようなものなので
今じゃ、煙草を見ると軽く拒絶反応を起こしてしまいます。
吸ってる人に「死にますよ」ってつい注意したくなったりしてね(苦笑)


葬儀が済むまでとにかくバタバタしてて、思い出す暇もないはずなのに
ふとした瞬間に父との思い出が頭を駆け巡るんです。
で、涙が止まらなくなる。その繰り返し。(妹も同じ事を言うてました。)
かと言って泣き崩れるとかじゃなく、それこそ走馬灯のように思い出がさ~っと駆け巡るんです。
悲しいとかじゃなく、あんな事もしたな~とか、あそこにも行ったな~とか
思い出を懐かしむって感じで・・・なんなんでしょうね。

今思えばもっと病院で一緒に過ごせばよかったとか、
もっと好きな物を食べさせて上げたかったとか、
もっと実家に帰っておけばよかったとか・・・
もっともっと・・・って、そればかり。

私の歳だと、親も弱ってきたり、万が一の事があったりとか全然ありえるのに
自分の親はいつまでも生きてるって思ってるんですよね。
「親孝行したい時には親はなし」って本当です。
これから時間が経つにつれ、もっと親のありがたみが身にしみるんでしょうね。
これからは今以上に母親を大事にしないとですね。

父は娘3人できっと男の子が欲しかったと思います。
娘ばかりで色々心配する事も多かったと思います。
でもここまで育ててくれて、傍にいてくれたのが当たり前で
幸せな事だと気付かないくらい良くしてくれてたんだなと。。
心からありがとう、お父さんの娘で良かったと伝えたい。
これからは、あちらの世界から私たちを見守っててねと伝えたい。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
せっかくツアーで盛り上がってるとこ気分を下げる様な記事ですいません。
この記事を書く事自体や、母の事も含めてどこまで書いていいのか悩んでたんですけど、
私にとっては生きて来て一番の出来事だったので、今現在を受け止める為にも
思いきって書きとめました。

私は…意外と大丈夫です。葬儀の後は、身体を休める時間もありましたし
不思議と父の遺影をみて、線香を上げてると安らぐと言うか落ち着くんですよね。
ま、まだ実感がないし、少しづつ父の存在の大きさを感じるかも知れません。
まずは事務処理とかの方が大変そうですけど...(笑)

とりあえず、一段落したのでブログもいつも通り再開したいと思います☆
またお付き合い下さいね。宜しくお願い致します



***********

チャンミンの誕生日も祝いたかったんですが、
せっかくの誕生日にしんみりするのもなんだったので
せめて新潟公演が終わるまでと思いまして.....。
遅くなったけどチャミへ一言お祝いを。

チャンミン、お誕生日おめでとう!!
2012MAXjpg.jpg

ステージの上で、ファンのみんなに祝って貰って本当に良かったね!
チャミに初めて会ったのは、まだ16とか17だったけど
すっかり逞しい大人の男になって、ヒョンよりいい男になったよ。(ちょっとだけ/笑)
若くして大変な経験もしたけど、チャミが選んだ道は間違いではなく、
全て今のチャミに繋がってると信じてます。

これからも、自分の想いを大事にまっすぐ歩いて行って下さい。
24歳、辰年、年男。素敵な一年になりますように~~



追伸:
月曜日以降メールを頂いた方、すぐに返事が出来なくてすいません。
また落ち着いたらお返事しますね。

ユノのプチ誕生会を楽しみにしてたチング達、急にキャンセルしてごめんね。
絶対またやるのでもうちょっと待っててね。




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  17. はづき | URL | -

    すぐにコメントをさせていただこうと思ったのですが、なかなか言葉が見つからず遅くなってしまいました。

    誰でもいつかはやってくることですが、やっぱり最愛の人を亡くすのはつらいですよね。私もちょうど、これからの親のことを考えていたところなので…。

    お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。きっとお母様やよ~こさん、そして妹さん達のことを見守り続けてくださってると思います。

    よ~こさんも無理はせず気持ちを吐き出したいときは思い切り吐き出してくださいね。

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  19. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  20. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  21. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  22. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  23. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  24. よ~こ | URL | aiMm5YXE

    ◆記事コメント、直メールを下さった皆さま。訪れて下さった皆さま◆

    本来ならお一人お一人にお返事すべき所なんですが
    まとめてのお返事で挨拶に代えさせて頂く事をお許し下さい。


    沢山のメッセージを頂きまして、心からお礼申し上げます。
    悲しいはずなのに、嬉しいのは何故でしょうか。。。

    急な報告だったにも関わらず、ご丁寧にお悔やみの言葉を頂き
    暖かい言葉の数々、自らの体験談で励まして下さったり
    初めての方からも優しいお言葉をかけて頂きました。
    (初めましての方、ちゃんとご挨拶出来ずにすいませんTT
    ちゃんと読ませて頂いてます)

    人生で一番悲しい出来事と思いこんで落ちこんでましたけど
    一つ一つのメッセージにどれだけ励まされて心強かった事か。。
    皆さん忙しいのに、心を込めてメッセージを書いて下さってるのがわかるから
    それに泣きそうになったんですよ。

    父の事だけでなく母の心配もして下さりありがとうございます。
    母は今も養育院に入寮中ですが、病室にこっそり入って顔を覗きこんで
    「おはよっ。」って声を掛けると機嫌がいいとニコっと笑ってくれるんですよ。
    薬が効いてない時は別人のように表情も動きもないですが
    こう言う少しの笑顔に希望が持てたりするんですよね。
    薬が効いてると会話も通じるのでそれだけで楽しいです。

    これからたまに、母の事も出てこようかと思いますが
    さら~っと気軽に読んで頂ければ有難いです。

    最後に・・・
    皆様もご両親様、旦那さまやお子様も同様、大事にされて下さいね。
    皆さん、私と同年代でしたら、何かしら抱えておられると思いますし
    一番大変な時期だと思いますが、トンの歌を支えに
    ユノへの想いを力に変えて頑張って行きましょうね!!
    こうやってトンに出会えたのもきっと意味があるんですよね。

    長くなりましたが・・・
    皆さんのお気遣い、本当に感謝の言葉しかありません。
    心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。。


    …四十九日も済んで落ち付いた気持ちで
    京セラで皆さんに会えるのを楽しみにしています♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://serenade510.blog10.fc2.com/tb.php/1474-60c3fbb9
この記事へのトラックバック


110604yh.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。